日記

という名のテキストサイト

2月15日

2月15日

 

 僕、一応マスコミ関係の仕事しているのですが、記事を作成した際に校正という文章がおかしくないかチェックする作業があるんですよね。その作業は記事を作るにあたって、絶対に必要な作業の一つ何ですよね。その作業をしないと、僕のアホみたいな文章が素っ裸のまま世に出てしまうんですよね。そんな恥ずかしいことは絶対にあってはいけないので、原稿ができたら必ず校正作業に回すんですよね。この校正作業、めちゃくちゃ大事そうに書きましたが、実は10分もあれば終わる作業なんですよね。単に誤字脱字がないか探すか、よほどの意味がわからない文章を正すかなので。この作業を行なった後に立派な記事になるわけなんですよ。どこの会社もそうなのかわかりませんが、僕の場合はそうなんですよ。すぐに終わる作業なんですよ。でも、なぜか僕の原稿が戻ってくるのが遅いんですよね。むちゃくちゃ遅い。朝出した原稿が夕方に帰ってくるなんてざらにあるんですよ。これはいくら何でも遅すぎるのではないかと思うんですよ。でも、原稿がビリビリに破られた状態で帰ってこないだけありがたいなあと思いながら、記事にしていくのですが、校正作業が本当に遅い時があるんですよ。1度、今日だした原稿が3日後に帰ってきたことがあるんですよ。これには普通にびっくりしましたよ。だって、返ってこなさすぎてまた原稿作成しましたからね。「あ、この原稿作ってなかったんだ」って、書いたことすら忘れてしまうぐらいの時が過ぎていったんですよ。そして、後に書いた方の原稿が先に戻ってきたんで、そのまま記事にしたんですよ。そしたら、前述した通りのことが起こりました。原稿受け取った時に、「お前、生きていたのか」と思わずつぶやきましたからね。その原稿はそのまま裏紙行きですよ。今は誰かのメモになっているはずです。あまりにも遅いんで、これは一体誰が送らせているんだ、と原因を探ってみたんですよ。意外にも原因は身近にあって、隣にいるあだ名が「魔人ブウ」の同僚が自分の仕事を優先しすぎるせいで、むちゃくちゃ遅れているんですよ。いや、自分の仕事を優先することに関しては何も言いませんが、あまりにも他人の仕事に関心を持たな過ぎじゃないかと甚だ疑問に思ってしまうんですよね。いや、こういうことを言うのはやめましょう。「魔人ブウ」の彼女だって、もしかしたら大事な仕事をしているはずです。なので、僕の原稿がいくら遅れたって構わないぐらい仕事熱心なのかもしれないと思い、彼女のデスクを見てみると、むっちゃくちゃ隣のやつとおしゃべりしているんですよね。もうね、もうね。何て言えばいいんでしょう。早く僕の原稿見てくださいよ。「へっへ〜〜。今日のご飯は何にしようかな」ではなくて。僕のわけわからんスムージーについて書いた原稿を校正してくださいよ。また、この魔人ブウの女子トークならぬブウトークが長いんですよ。「最近ネイルが〜〜」という話で、就業時間を終わらせるレベルの猛者なんですよ。いや、興味ねえよまじで。ネイルじゃなくて爪だろ爪。人殺せるレベルの爪だろうが。もうそんな話はいいからさっさと僕の原稿見てくださいよ。適当でいいんで校正してくださいよ。頼むから。と願っても見てくれないんですよね。ここまで読んだ方は思っていないでしょうか、「直接言えよ」と。いや、本当にそうなんですけど、実はこの魔人ブウにめちゃくちゃ嫌われているんですよ。出社すると「おはようございます」というのですが、この魔人ブウ普段は普通に返すのですが、僕の時だけ「…ッスー…」という声で挨拶してくるんですよね。いや、空気抜けていますよ。大丈夫ですか?と伝えたいのですが、言ってしまうと怒ってしまうのでグッとこらえています。また、「この原稿急ぎなんで、早めに校正お願いします」と伝えてみたところ、2時間後に返ってきましたからね。いや、落ち着けよ。もう終業15分前だぞ。何してんですか、残業決定ですよ。あ、でもブウの基準で考えると早い方なのか。って遅いわ。というエピソードがたくさんあるので、魔人ブウとは極力コミュニケーションを取らないようにしているんですよね。あっちも僕に話しかけたくないだろうし、僕もあまり話したくない。まさにwin-winの関係。されど、原稿は返ってこず。明日は返ってくるかなぁ。

 

(終わり)

広告を非表示にする

2月14日

「働くかもわからん。」はもはや共同制作物と化してしまったので、ここでは僕だけが書きたいことしか書かないようにします。

 

 

「2月14日」

 

 この日付が示すものといえば。そう、バレンタン・ディですね。といっても、モテなさすぎる僕には何も関係のない日です。これという思い出もありませんし、あったとしても無さすぎるせいか、オセロ方式で無いに変換されるぐらいありません。今年は何かあるかなと毎年思いますが、やはり何もありません。本当にどうかしていると思います。一体何が原因なのか11:59に考えてみましたが、3秒後に昼休憩になったのですぐに忘却の彼方に。多分、これが原因だと思います。

 毎朝の習慣としてTwitterにログインしてTLを確認するのですが、出るわ出るわチョコレートくださいツイート。モテ無さすぎる僕からいいますとね、そんなのナンセンスなんですよ。チョコくださいチョコくださいと呟いたところで何も変わるはずはないんですよ。そんなこと呟いたってもらえるはずがないんで、ここは腰を据えてもらえるならもらいます的な態度を装うしかないんですよ。そうすることによって、「きゃあ!なんて肝が据わった殿方!チョコもろとも私も食べてありんす!」という風にゲイシャガールたちがわんさか寄ってくるはずです。よし、今年はこの作戦でいこうと思っていましたら、チョコくれツイートしている奴がもらっていました。僕も来年から積極的に呟こうと思います。そうやって毎朝の貴重な時間を浪費しているのですが、ツイッターで好きな女性をフォローしているんですよね。現実でも知り合いなので向こうも僕をフォローしているんですよ。TLを眺めているとその方もツイートしていたんですよね。「好きな人にチョコあげた」と。もうね、あれですよ。即刻その人のフォローを外したのち、アカウントをブロックしましたからね。0.1mmのミスも許されない華麗な指さばきで操作しましたよ。「うわー、なんか恥ずかしいの見てしまったー」という気持ちと、もう忘れてアホな記事ばかり書こうという気持ちが入り混じって思わずブロック。まさにブロックされ系女子ですよ。まぁしてしまったものは仕方がありませんし、このままブロックしとけばいずれ忘れるだろと思うことにしました。そして、昼休憩。アホな顔して花丸うどんをすすっていましたら、我がエキセントリック・ギアであるiPhone6sにLINEの通知が。相手はもちろんブロックされ系女子。「やべっ。ブロックしたのバレた」と思い恐る恐る開いてみるとなかなかの長文が。びっくりしすぎて、食べていた温玉ぶっかけの味が一瞬でわからなくなりました。速攻で会社に戻り、文字数を計算してくれるサイトにペーストすると、2703文字の長文が送られてきました。すげえな、下手すりゃいつも書いているブログよりなげえぞ。しかし、内容は「なぜブロックした。一刻も早く外せ」という内容。こんな一文で終わる内容を+2000文字のエキセントリック・センテンスで送ってくるとは。代わりにブログ書いてくれないかなぁと思いましたが、今はそんなこと考えている場合ではありません。このエキセントリック・センテンスによって1つの問題が発生したのです。その問題とは「返信するかしないか」。ここで「返信する」を選択しデメリットを考えてみると、Twitterでブロックを外さないといけないという結論が待っているということ。それは困ります。なんせもう正直なことを言いますと、ブロックされ系女子のツイートは全然面白くないんですよね。彼女のツイートでfavoriteのアイコンなんか一度も触れたことがありません。それを踏まえると、ブロックを外したくありません。しかしながら「返信しない」を選択すると、またもやエキセントリック・センテンスが送られてくるわけです。こちらはこちらで面白いのですが、さすがに読むのは疲れるのでこちらも困ります。どうするべきなのかやなんでいると、我がアーセナル・ギアであるiPhone6sに着信が。相手はもちろんエキセントリック・ブロックされ系女子。これは考えてもない事態です。この人こんなにヤバイ人だったのかよ。と思い、恐る恐る出てみますと、だいぶご立腹の様子。この人はSNS一つでこんなにも怒れる人なのかと驚きながら、先人の知恵を活用し「ごめん!本当にごめん!間違いだから!今外すから!ほら、外した!」とただ単に謝るという行動に出ました。ブロック外したことを確認した憤怒の獅子は、一抹の落ち着きを取り戻しました。落ち着きを取り戻したところで、僕は一つ提案してみました。「今日の起こったことって日記に書いていい?」と。そうするとまた烈火のごとく怒ったエキセントリック・ゲイシャガールは散々叫んだ後に、「死ね!」と怒号を吐き通話を終わらせました。通話終了後、エキセントリック・ガール・フロム・ヘルのアカウントを覗いてみますと、こんどは僕がブロックされていました。ですよね。こうして、僕の24歳の恋は終わりを迎えました。

 

(終わり)

広告を非表示にする

2月1日から13日

 

文章書くモチベーションを上げる、日々のネタを忘れないために箇条書きで日記を書きます。

 

 

 

2月1日

ツイッターで話題に上がっていたSuchmosを初めて聴く。mogwaiみたいなもんだろと思っていたら全くの別物だった。なんか悔しくなった。

ツイッターにて動物アカウントにフォローされることが多くなった。のぞいてみると、だいたいのアカウントが「うちの〇〇マジkawaii」と呟いているだけなので、なんの価値も見出せないなと思う。2日後にはだいたいリムーブされる。ツイート読んでフォローしろアホめ。

バイオ7のプレイ動画を見る。さっそくモノマネを開始したが、一向に向上しない。

エチゴビールを飲んで寝る。あれは満足ではなく、救済。

 

 

2月2日

虐殺器官のオチが原作と変わっていることを耳にする。期待感が一気に薄れた。プロジェクトイトウに期待したのがアホなのか。

・会社で「カエル飼っているの?」と聞かれた。「そうです」と答えると「そうなんだ…」と言われた。気になって聞いてきたんだからレスポンスしろよ。

 

 

2月3日

・好きな人が夢に出てきた。適当な色事に関しては対応できるが、真剣な恋愛になるとクソみたいに奥手になるので朝から最悪の気分に。

・出社すると、俺と他社員の残業時間が気になるとお達しが。知るか。俺は効率よく終わらせてんだよ。さらに最悪な気分に。

・原稿書こうと取材データを探すがどこにもない。どうやら移動に失敗して保存されなかったようだ。以前の取材データでまかなうことができたが、死にたくなった。

・取材で行った某所がくそお洒落で、かつ店員が死ぬほどお洒落だった。まじで恥ずかしくなり身なりに気を使おうと思ったが次の日には忘却。

・1日最悪な気分だったが、帰りに寄ったラーメンが死ぬほどうまかったので、いい日だったなと思った。やはり、ラーメンの魔法はある。

 

 

2月4日

・植物に詳しい方と花と食のフェスティバルに。植物の関心が少し高まった。楽しかった。ビールはマジでうまい。

・夜に虐殺器官を鑑賞。観た後はやんわり感想を述べたが、今はマジでくそだったなと思う。

 

 

2月5日

・祖父母のお祝い。喜ばしいことだが、沖縄の図々しさが垣間見えた。こういうところは本当に嫌いだ。

・夜ショップに行き、ミシシッピドロガメを購入。10円玉ぐらいの小さな個体。成長が楽しみ。

 

 

2月6日

・よくわからない悶々とした感情に支配される。変な日だなと出社した。席に着くと嫌いな女性社員がどうのこうの言ってきた。どうでもいいことだったのでムーガチャを勧めると去っていった。いや、インストールしろよ。

・!!!のライブがもう一回見たくなり、must be the moonのMVモノマネをしていた。気分が高揚した。

・同じ物件の原稿を書くことを頼まれる。5回目だし書くことがないので、テンションだけの原稿を書き校正に。なぜか通った。仕事しろお前ら。

・会社の上司と先輩とで飲み会に。すごく楽しかった。帰って寝ようとしたら、カエルが爆音で鳴き始め寝れなかった。喜ばしいが、鬱陶しくもあった。

 

2月7日

ツイッターうしじまいい肉にブロックされていることを知る。なんかしたのだろうか。

・某所に取材に。女子力高いことをすなと叩かれた。確かにカレー1杯とスムージー6杯を食したことは女子力の臨界点に達していたと思う。

・取材から帰社しスムージーをゲロッた。正直、死ぬかと思った。

・帰宅後、メンテナンス。ヤシヤモリがご臨終。原因を調べると、保温器具が壊れていた。とても申し訳ない気持ちに陥り、自分の不甲斐なさを呪った。

 

2月8日

・ある社員の挨拶が「…ッスー…」と空気が漏れているような挨拶をしていることに気づき、むちゃくちゃツボにはまる。

・某所でラーメンを食す。あんまり覚えていないということは、普通だったと思う。

 

 

2月9日

・仕事で映画の試写会に。まんま「もののけ姫」だった。

ウシガエルを根絶したという記事を読む。カエルにはかわいそうだが、日本の環境のことを考えると彼らのためでもある、という感想。

・「けものフレンズ」を観る。可視化した地獄だと思った。

 

 

2月10日

フジロックにエイフェックスツインが出ることを知る。今年こそは行こうと心に決める。

・取材先に行くとオーナーが寝ていて対応がくそすぎた。死ぬほどムカついた。

・帰りにラーメンを食す。醤油ラーメンが私のマイベスト。

 

 

2月11日

・飼育に必要な用品を購入後、生体のメンテナンス。この時間は絶対に必要なので念入りにこなす。

・メンテナンス後の夜、植物詳しい方と今帰仁桜祭りに。桜祭り自体、小学生以来。非常に寒かったが、なかなかに綺麗だった。植物の関心がとても高まった。

・12時に帰宅し、4時間後に起床。フィールドワークに出発。お目当の生物は充分に観察できなかったが、収穫できることは多数あったので次回に生かそう。

 

 

2月12日

・フィールドワーク後、立ち寄ったホームセンターで憧れのカエル「ピパピパ」を発見。特価だったので1ミリも悩まず購入。一気に金欠に。しかし、そんなことで落ち込まないのだ。

・お昼に大好きな先輩と植物詳しい方と、幸和ガーデンというところに。植物の販売を主としていたが、関心は生物のコーナーに。大好きなオニプレートトカゲを見れたのでとても満足。ここでも植物の説明を受け、興味が一気に高まった。

・帰宅後、さらに念入りに生体のメンテナンス。ピパピパの立ち上げがうまく行くか緊張している。

・バジェット×ベルツノのハイブリッドおたまが突然死。どうなるか期待していただけにかなりショックを受ける。

 

 

2月13日

・また夢に出てくる。月曜日と相まって、最悪な1日が始まったなと思う。

・嫌いな女性社員が「失敗作だけどどうぞ」とチョコを配っていた。「失敗作なら配んな。土の肥料にして緑化活動に一躍を担えアホめ」と思ったが口にしなかった。「いる?」と聞かれたが、「糖質制限しているんで大丈夫です。ありがとうございます」と果汁グミ食べながらいうと変な顔して去っていった。ツッコメよ。

・某所の懇親会に。初めて某グループのリーダーを見る。あれはモテんとおかしいわと認識。

・帰宅すると、部屋が臭いと愚痴られる。マジですまんな。

 

 

(終わり)

広告を非表示にする